monolog

いつかは消えてしまうかもしれない想い、場所、出来事の記録の日々
MENU

振付はマンディ

先日、『ラ・ラ・ランド』を観てきた時のこと、
今にして思えば昨年の12月にロバートが
マンディと『ラ・ラ・ランド』のことツイートしてくれていたのに・・



そのこと、すっかり記憶から抹消されていたせいで(笑)
ビックリしたんですよ、エンドロールでマンディの名前が
ドカンと出てきた時に。え、マンディって、あのマンディ?って。
sytycdでお馴染みのマンディがこの映画の振付をしていたらしくて
そうなると、きっとロバートも出ているはずだよね?と思い
彼のIMDbを閲覧してみるとエピローグダンサーとありました。
ラストのあの場面ですよ、いやはや気がつかなかった。

0:11ぐらいと0:50ぐらいにロバートが踊っている姿が一瞬!
紺色のポロシャツ?みたいなの着て、グレイのパンツで
のびやかにサクサク踊っているのは紛れもなくロバートですよね。
sytycdがらみでいうとS7のメリンダも出ているとツイッタで教えてもらいました。
華があるタップ専門のダンサーだった記憶。
映画のパンフレットによるとマンディは監督の望むワンショット撮影のために
緻密なプランを練りながらもちゃんと感情が伴っているのかというのを
常に確認していたそうです。思うに35ミリフィルムで
ワンショットで撮っているんだよね、あの場面もこの場面もと思うと
やはり、D・チャゼル監督ただもんじゃない。

そして、マンディというと、やっぱりね、sytycdことアメダンファンには
お馴染みで、彼女の振付で心に残っているルーティンいっぱいあるんだけれど
でも、一番初めにマンディいいなって思ったのはS3にまでさかのぼってしまう。
S3というと今から何年前?今はS14っていうから、もう、すごい前だけれど
今でも鮮明に憶えているのはサブラとニールのやつ。なんか好きだったの。


アメダンって、今はどこで放送してんだろうか・・
もっと気軽に観ることが出来るチャンネルでまた放送してほしいな。
きっと『ラ・ラ・ランド』がらみのダンスもあったはずだものね。
マンディのおかげで、sytycdが好きだった気持ち思い出しました。
しばらく観てなかったから、懐かしい。

該当の記事は見つかりませんでした。