monolog

いつかは消えてしまうかもしれない想い、場所、出来事の記録の日々
MENU

『セーラー服と機関銃』、『時をかける少女』

チラシと半券

角川映画特集ということで、とりあえず相米監督と大林監督の映画を。
本当はスロブギ観たかったんだけれど、上映スケジュールになかった。
あとは『犬神家の一族』観たいなあと思いつつも日程あわずで
んで、俳優さんだと優作さんなのだけれど、実はアタシ
『野獣死すべし』とか『蘇える金狼』とかの優作さんはあまりにも濃すぎて
観るたびに思わず声あげて笑ってしまうので(すんません・笑)
こんな観客がいたら迷惑なので自粛しておきます、何度も観たしね。
『探偵物語』とか『家族ゲーム』『それから』『BJブルース』
『陽炎座』の優作さんが好きなんだよなあ。もちろんテレビドラマの「探偵物語」も。

というか、久しぶりに観た『時をかける少女』に舞台製作のシスカンパニーの
北村明子社長が尾美さんのお母さん役で出ていたことに気がついてしまった。
役者さんだった時の北村さんといえばクロード・ガニオン監督の『Keiko』の時の
こざっぱりした印象が強かったけれど、醤油屋の女将さん的な雰囲気も
また違った感じの印象ですねぇ。

Cinemaの映画館で観た映画に
『セーラー服と機関銃』と『時をかける少女』更新しました。

該当の記事は見つかりませんでした。