monolog

いつかは消えてしまうかもしれない想い、場所、出来事の記録の日々
MENU

鈴木清順監督



今、年月を眺めてビックリしています。
だって、『ピストルオペラ』を観に行ったのは16年も前のことだったなんて・・
いや、もう、正直、そんなに経っていたとは感覚なさすぎました(苦笑)
この映画はなんの前情報もなくただただ鈴木清順監督の映画が早く観たくて
初日に渋谷か新宿(記憶曖昧、たぶん渋谷)に観に行くと
偶然にも観た回が舞台挨拶の回で、そのことを事前に知らなかったから
とても得した気分になったという記憶が残っています。
それなのに肝心の鈴木監督の印象がぼんやりしてしまっている。
きっとアタシの視線は永瀬さんにくぎづけだったのだと思われ・・
生で観た永瀬さんの佇まいやら声やら立ち姿やら何やらもうすべてが
めっちゃくちゃカッコ良くて心拍数あがってしまって夢中だったので
登壇してくれた鈴木監督や江角さんや韓さんの印象がぼんやりで
あぁ、こんな時にどうしようって感じです(ゴメンナサイ・泣笑)

でも、一番心に残っているのは映画そのもの。
あの時、ひさしぶりに清順映画を観た興奮は今でも憶えている。
まるで絵札のようにめくるめく美しい映像が遊びをしかけてくるようで。
どうせ映画なんだから遊びましょう、って感じでワクワクしたあの日。

大好きでした。
きっとご飯を炊くたびに『殺しの烙印』を観たくなるし
「サラサーテの盤」の表紙に『ツィゴイネルワイゼン』を思い浮かべ
ほおずきをみたら、あぁ『陽炎座』だ・・となり
数々の鮮やかな場面が脳裏に流れ、時には思わず笑ってしまう時も。
そんな気持ちにさせてくれる映画をたくさん、たくさん生んでくれたこと・・
忘れません・・

ありがとうございました。

そして、さようなら。



・・・追伸

鈴木清順監督の言葉を引用してツイートしてくれる
@seijun_botさんの中でとても好きな言葉たちを
自分用にも残しておきたくて・・



















あらためて・・
さみしくなります・・本当に。

合掌・・
該当の記事は見つかりませんでした。