monolog

いつかは消えてしまうかもしれない想い、場所、出来事の記録の日々
MENU

一度かけたレモンは元には戻らない 「カルテット」



ドラマ、「カルテット」の1話を観ていたら、
から揚げ食べたくなって思わず作って食べてしまった。
はい、もちろん、レモンはたくさん用意しました・・(謎笑)

もともとドラマを観る習慣がないので、
これもたまたまこのドラマの前の「逃げ恥」にまんまとハマっていたので
その最終回の予告で知った・・という、龍平さんが!演奏!ヤバい(笑)
という相変わらずのミーハーなノリだけで観はじめたという感じで
「逃げ恥」も横浜ロケだよと知って、なんとなく観てみたら
横浜はこれって場所はたいしてロケしていなかった感じだけど
様々な社会的問題をコメディにした感じがなかなか面白くて、
後追いで観ていたという感じで・・

しかし、この「カルテット」、めちゃくちゃ面白かった。
セリフがあまりにも作家的でリアリティの欠片もないのだけれど、
逆にその作りこんで考えられている感じがとても気に入ったし
映画的な行間のある雰囲気もありで、映像も音楽も素敵だし
ひさしぶりに何かをしながらというよりも、このドラマの紡ぎ出す世界に
じっくり浸って観てしまった、という感じ。EDもカッコイイ。
録画して保存して何度も観たくなる作品。
とにかく何より主役の4人がとても魅力的でやりとりが面白いし
それぞれ演奏をする時の仕草が臨場感があって呼吸まで聴こえてきそう。

カルテットといえば映画『25年目の弦楽四重奏』で
今は亡き大好きだったフィリップ・シーモア・ホフマンさんが
第二バイオリンを担当するロバートという人物を演じていて、
いつも変わったキャラを演じることが多かったフィリップの中では
第二というポジションに実は内心不満を持ちながらも、
バランスを保つために受け入れていたという等身大の人物を演じていて、
とてもチャーミングだったしカルテットの世界はよくわからなかったけど
そういう葛藤があるのか、と、新鮮だったことを思い出した。
このドラマでいうと、第二バイオリンは龍平さんなのだろうか?
松さんが第一だよね、きっと・・と思って公式ページの人物相関図を閲覧してみたら・・
まさにそうだった!→カルテット|人物相関図|TBSテレビ
いやん、龍平さん、めっちゃ楽しみな役柄じゃないですか!

で、とりあえず2話まで観ていて、1話のから揚げといい
2話のブイヤベース越しの餃子(謎笑)とか、寒いベランダでのサッポロ一番とか
ある意味、飯テロドラマでもあるかもしれず
毎回、どんな飯が登場するのかも食いしんぼうにはたまりません(笑)
そんな中での、から揚げ。
4人でから揚げを作って食べる時に
別府くん(龍平さん)とすずめちゃん(満島さん)がお皿の上の
全部のから揚げにレモンをかけてしまう。
それを観た家森さん(高橋さん)がなんでレモンかけているのかと
人それぞれだし、カリカリ度が減るしと色々つっこむ彼に
別府くんとすずめちゃんが、レモンかけたほうが美味しいけど
レモンぐらいで怒らないでくださいとなり・・
その時に、ポソリと真紀(巻)さん(松さん)が言う
「レモンぐらいってことはないと思うんけど、今大事なのはそこじゃなくて
 どうしてレモンをかける前に聞かなかったんですか?」というのが
後後の伏線になっているところが、なるほどねとなる。
と同時に、ふと、昨年観た舞台「アルカディア」でのトマシナ(趣里さん)と
セプティマス(井上さん)のセリフが鮮明に蘇る。

「ライスプディングにジャムをひと匙いれてかき混ぜると
 流星みたいに赤い尾を引く。でも逆にかき混ぜてもジャムは元に戻らない。
 どんどんピンク色になっていく。変だと思わない?」

「思います、混沌から混沌が生まれ 更に混沌になって完全なピンク色になる。
 もう、それ以上は変わらないし変えられない」

レモンのこともライスプディングと似ていると思った。
その後、真紀さんが言う、一度かけてしまったレモンは戻らないということ。
人生も後戻りが出来ないということ。
時間は戻らないし、やってしまったことをなかったことには出来ない。
それにしても巻 真紀さんの存在が謎チックでいいなあ。
そもそも、まきまきと苗字と名がまぎらわしいし(笑)
声が小さいけど、なかなかシビアというか物事から目をそらさない厳しさが真摯でいい。
すでに五年前から余命9ヶ月(笑)のインチキだけどどこか憎めない
老ピアニスト(イッセー尾形さん)に対しての対応とか、アリとキリギリスの話とか。

「音楽で食べていきたいっていうけど、もう答え出てると思うんです。
 ワタシたちは好きなことで生きていける人にはなれなかったんです。
 好きな事を仕事にできなかった人は決めなきゃいけない、
 趣味にするのか、まだ夢にするのか」

そうだよね、そうだ・・と、グっときたし、こういうの好き。

動画で1週間限定公開のED。カッコイイ。


毎週、楽しみです。
該当の記事は見つかりませんでした。