0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

アメリカン・ダンスアイドルS9 トップ14

ミア・ナイトの日。タピナポの子供が生まれた日。
司会はいつものようにキャット姐さん。
審査員はナイジェル、メアリー。そしてゲスト審査員は
マイケル・ナンさんとビリー・トレヴィットさん(バレエボーイズ)

ミアナイトは過去のシーズンでのミアの振付のルーティンを
トップ14で再演、挑戦するというものでした。
実は以前、動画サイトでルーティンだけ観ていました。
というのもアメリカでの放送当時ツイッタでかなり賛否があった回なのです。
ツイッタは英語だったので詳細は把握できなかったのだけれど
トップ14たちのための振付じゃないので
ダンサーたちが気の毒だというものが多かったと思います。
なのでその時、とても気になって動画サイトで観ていたのです。
ただ、小さい画面だと印象が薄いのですよね。
それとその回だけ観てもダンサーたちに思いれがないので
なんとなくピンとこなかったのです。
でも、今回、予選からダンサーたちを見つめてきて
積み重ねた形でテレビ画面で日本語字幕つきで観てみると、
その時とは少し違った印象で観ることができました。
とはいえ、ある意味、余計に比較してしまったというのもあったけれど。

★トップ14ダンス
振付:ミア
音楽:Hanging On
    ACTIVE CHILD



☆エリアナ&サイラス
課題:S4ケイティとトゥイッチのドアダンス
振付:ミア
音楽:Mercy
    DUFFY
S4の放送時にケイティとトゥイッチのを観た時には
ダンスという感じがしないなあという印象でした。
でも、逆にこうしてエリアナとサイラスで観てみると
ケイティとトゥイッチはあれはあれで
なかなか良かったのだなと思ってしまったのでした。
エリアナやサイラスが悪いわけじゃないけれど
やはり、オリジナルはなんだかんだと残像している。
どうしても、残っている。乗り越えるのはよほどの個性がないと難しい。

☆ティファニー&ジョージ
課題:S4ケイティとジョシュアのHometown
振付:ミア
音楽:Hometown Glory
    ADELE
あー、これはねぇ、すごく難しいダンスだと思う。
ケイティとジョシュアは息がピッタリだった。
(でもケイティのヘアメイクはどうだろうと未だに思う・苦笑)
でね、テクニック的には、これはオリジナルのジョシュアよりも
ジョージの方がこの振付をこなしていて、好きだな、アタシ。
でも、何かが足りないと思うのは、例えば
ケイティとジョシュアがステージを横ぎるように
空を浮くように走り去るような場面で、まるで
絵画のような独特なあの感じがジョージとティファニーには感じなかった。
そういう意味ではケイティとジョシュアは呼吸までも一緒だったのかもしれない。

☆アメリア&ウィル
課題:S5ランディとエヴァンのおしりダンス
振付:ミア
音楽:Koop 1sland Blues
    KOOP
「このダンスには振付以上のものを求められる。
ミアがオリジナルのダンサーのエヴァンとランディを
意識して作ったものだからね」とナイジェルは言うけれど
それはこの回のすべてのダンサーとダンスにあてはまることなので、
本当に大変だったと思う反面、ランディのおしりは偉大だったと思う次第(笑)
というか、たぶん、こういうダンスが一番難しい気もする。

☆ジャネル&ダリアン
課題:S4ケートリンとトゥイッチのベッドダンス
振付:ミア
音楽:Dreaming With A Broken Heart
    JOHN MAYER
正直、オリジナルのケートリンとトゥイッチの印象が
そんなに色濃くなかったので、ダリアンを楽しめたのです。
そして、思いのほかダリアンがセクシーだと思ったり。
審査員たちに注意されていた脚はどこがどうダメなのか
アタシにはイマイチわからなかったのだけれど
彼のバネのある動きは観ていて飽きない。
ジャネルは動きより顔の表情が濃かったかな。

☆オードリー&マシュー
課題:S3レイシーとニールのミアの亡き父への思いをこめたダンス
振付:ミア
音楽:Time
    BILLY PORTER
S3の頃って、今みたいに照明やセットが凝ってなかったんですよ。
なので、当時、レイシーとニールのこのルーティンを観た時に
花とかステージにいっぱいあって他のステージよりも
凝った演出になっているし、ミアの思いを最初に
みんなが聞いてしまっているからダンスとしての
判断が難しいし、なんだかなあと思っていたんです。
でも、こうやって、別のダンサーが同じものを踊ると
皮肉なことにレイシーとニールはすごく良かったんだなあ・・と
あれはあれで良かったんだ・・と冷静に思うことが出来てしまったり・・・
あぁ、ごめんね、オードリー、マシュー。

☆ホイットニー&キーオン
課題:S2トラビスとハイディのベンチダンス
振付:ミア
音楽:Calling You
    CELINE DION
これはさぁ、手をつけるには勇気いるルーティンだよなあ。
トラビスとハイディのベンチダンスはもう伝説だもの。。
で、詳しいストーリーを知らないながらも
ラストにハイディがさし出す花を受けとらないで去っていく
トラビスの場面がなんだか切ないなあって余韻があったけれど
そっか、ゲイの男の子を好きになった女の子のダンスなのか。
確かに切ない。男の子は女の子の気持ちを受けとってしまったら
彼女を傷つけてしまうし、女の子はどんなに好きになっても
両思いになれないし、あのダンスの切なさはそういうところから
湧き出ていたのですね。ホイットニーとキーオンも
悪くはないのかもしれないのだけれども、
やはりトラビスのキビキビさと柔らかさが心に残りすぎているのです。
特にベンチからズルズルってなる場面、メアリーかナイジェルも
言っていたけれど、あぁいうところ、キーオンは固いのだ。
トラビスはすべてを投げ出している。
いやぁ・・比べてばかりでゴメンナサイ。でも、仕方がないよ・・ね。

☆リンジー&コール
課題:S5ケイラとクポノの依存ダンス
音楽:Gravity
    SARA BAREILLES
コール・・・また役柄にのめり込みすぎなんじゃ(笑)
イカれた空気のあるダンスと言われていたよ(笑)
これもケイラとクポノのが印象濃いのは仕方がないよね。

ナイジェルが(今回の皆の)出来がイマイチなのは
自分たちのための振付ではないからだ。
だがバレエなどプロの舞台では既成の振付に
自分があわせる必要がある。君のために変えられない。
王子の役ならそれになりきるんだ。だから意味がある試みだ。
と言っていたのだけれど、確かにそうなのだけれど
それは、この場でやることではない気もしているんですよね。
そういうのはその後のツアーや何かでは観たい気もするけれど
課題のルーティンの時には彼らのためのオリジナルが観たい。
とはいえ、ミアの振付の凄さもわかった回でした。
こうやって並べて観てみると全く色が違うのね。
それぞれのダンサーのために考えられている振付なのだなあ。

そして・・・前回の時の投票の発表でアメリア、ジャネル、リンジー、
ジョージ、ダリアン、マシューがボトム入りです・・・
うう、というか、なぜによりによって、ちょこっと注目している
ジョージとダリアンはいつもボトムなのだろうか。
思えばアタシの好みのダンサーはボトムに入ることが
すべてのシーズンにおいて多いかもしれません(涙)

☆アメリア
音楽:Falling Slowly
    GLEN HANSARD & MARKETA IRGLOVA

☆ジャネル
音楽:Inta Omri
    ELIE ATTIEH

☆リンジー
音楽:Hip Hip Chin Chin
    CLUB does BELUGAS

☆ジョージ
音楽:So Long,Lonesome
    EXPLOSIONS IN THE SKY

☆ダリアン
音楽:It's A Man's Man's Man's World
    JOSHUA LEDET

☆マシュー
音楽:Delicate
    DAMIEN RICE

ダリアンのソロ、すごく良かったのに・・・
トップ10に残ったのはジョージとリンジー。
ダリアン、マシュー、アメリア、ジャネルはお別れです。
最後に「さみしくなる」と涙を流して言葉を残すダリアンに
思わずもらい泣きしそうになっちゃいました。
でもエンドロールでステージにあがってくれたミアに
何度も抱きしめられて何か言われて笑顔だったダリアン。
ダリアンにはいつかミアのオリジナルをどこかのステージで踊ってほしいな。

それにしても毎回思うのはS9のダンサーたちは
番組フォーマットの変更もあって本当に経過が速くて
チャンスがせまいと言うか、大変そう。
気がつけば、トップ20って誰がいたか忘れているアタシ・・
記憶力の問題かもですが(苦笑)

カテゴリー:SYTYCD雑記

Author.ガオ
cmaukie home
 【好き】
 映画 演劇 SYCYCD 
 サッカー 音楽 写真 散歩 本
 バニラアイス シュウマイ
 レモンケーキ 春巻 豆大福
 五目焼きそば タマゴサンド
 熱燗 電気ブラン ジンジャエール
 夕陽 冬の海 路地 ガリガリくん
 ニャンコの寝息 ワンコの笑顔
 鳥が斜めに飛ぶ姿
 カトルカールが焼きあがる香り

★飲喰雑記2012.4.9まではコチラ

 

私立探偵 濱マイクシリーズ BOX
映画三部作。
1作目「我が人生最悪の時」
モノクロ。哀しき友情。
日活映画の香り。
この玩具は閉まっておきなよって
ヤンのお腹をポンと叩くマイクの手が
人柄を表していて好きだなぁ。

2作目「遥かな時代の階段を」
ちょっと「エデンの東」のような
マイクの世界。

3作目「罠」
マイクとミッキー。
明と暗。太陽と月。これまた哀し。
不器用なマイクが恋する姿も良し。

「私立探偵 濱マイク」テレビドラマ版
テレビドラマ版濱マイク。
全話フィルム撮りで全話違う監督だから
キャラは一貫しているものの
各回の個性が強くある。
ドラマというより短編映画のよう。
毎回流れるオープニングの
「くちばしにチェリー」
(EGO-WRAPPIN')や、
YOUさんの予告などかつての
日テレドラマの傷天や探偵物語などを
彷彿させ毎週楽しみでした。

第1話「31→1の寓話」
緒方明監督作。
ちょっとマイクの服が
気合い入りすぎていて違和感(笑)
なかなか凝った話で面白い。
マニュアル通りに生きる哀しさ。
戦っている香川さん切ない。 野毛に
金ちゃんのお墓探しに行こう(謎笑)

第2話「歌姫」
前田良輔監督作。
横浜下町色全開で
このドラマの回のロケ嬉し。
磯村屋とかに焼きソバ
食べに行っちゃったもん(笑)
あの狭い路地も探しちゃった。

第3話「どこまでも遠くへ」
萩生田宏治監督作。
自分が生きている意味。
「ちゃんともっているよ」と
ハートをポンっとたたくマイクが優しい。
あきらかにメリーさんだよねという役柄で
岸田今日子さんが黄金町駅近の橋で
登場してくれるのが嬉しかった。

第4話「サクラサクヒ」
行定勲監督作。
この回が一番映画の濱マイクを
彷彿させる。話の軸になるのは
丈治とメイホアなんだけど
坂道の階段みたいなとこで
寝ころんで待っているマイクとか
横浜港の税関で情報を聞くとことか
二人組の刑事とのやりとりとか
あぁ、これがマイクだ~って感じです。
行定監督は映画版の時に助監督でした。
マイクとは縁が深いです。

第5話「花」
須永秀明監督作。
偽物マイクが出てきたり大阪に行ったり
マイクが黄金劇場でバイトしたり(笑)
ゴタゴタしている中でリストラ問題
独りぼっちの子供・・(泣)
子供の時の思い出がないから
子供にどう接していいのか
わからないというマイクに共感。
そういえば星野君・・・・いた?(謎)

第6話「名前のない森」
青山真治監督作。
ちょっと異色なマイクの世界感
いい意味でぶっ壊してくれていて
斬新で面白い。そうして、
「濱マイク」が「濱マイク」で
いたくなくなるというのは、実は
映画版の頃から伏線として
静かにあると思います。

第7話「私生活」
岩松了監督作。
岩松さんって器用な方なんだなぁ。
役者さんとしても劇作家としても
監督としてもなんでもこなしてしまう。
この回は野毛のパチンコ交換所で
マイクに情報をくれる謎の女サキが中心。
でも相変わらず謎の女です(笑)
赤いワンピースが華やかな
「誰も得はしないわ」というラストが好き。

第8話「時よとまれ、君は美しい」
石井聰亙監督作。
古風だけれど名作。
石井ワールドのロックな世界観。
自白剤の伏線。
意識が朦朧としている中での
声にならないくらいの
マイクの告白。 美しくて
哀しいラストに思わず涙・・。

第9話
「ミスター・ニッポン21世紀の男」
中島哲也監督作。
ぶっ飛んでます。アホです(笑)
中島ワールド全開です。
マイクとタダシの友情にもホロリ。
鑑別所で「立てよ、タダシ」と
言った時のマイクと同じように
都橋商店街でのラストでも
「立てよ、タダシ」といったマイク。
どんなに時が流れていても
ハートは一筋。 どこまでも
友達を見捨てないのだ。

第10話「1分間700円」
竹内スグル監督作。
クールです。この回のマイクは
ファッションのせいかな、どこか
『トゥルーロマンス』の時の
スレーター演じるクラレンスみたいで
やんちゃでカッコイイ雰囲気なのよねぇ。
しかし、ほんとに殺し屋の浅野さんが
ハマりすぎです。赦される意味を迷い
命を粗末にする独りの人間を
なんとかしてすくいたいと思う
命が消えそうな人間とのやりとりは
切ない感じです。ラストもクール。

第11話「女と男、男と女」
アレックス・コックス監督作。
マカロニウエスタンですよ、横浜で(笑)
おまけにミルクのエピソードまで。
色々盛り沢山なのに最後には
カラスでまとめちゃう
アレックス・コックス監督ステキです。
ってか、もう航海していない船で
どこへ行く?田口トモロヲさん(笑)

第12話 「ビターズエンド」
利重剛監督作。
最終回らしい最終回。
レギュラーメンバーが全員で
横浜鑑別所の歌を合唱する場面が
なんだか、すごく好きだった。
Bを演じたSIONさんは最高だった。
マイクを演じた永瀬さんの
どんな時も本気の思いが
ドカンと伝わってくる
迫真の演技に胸打たれる。
ラストに流れる「通報されても」
マイクのモノローグ。涙、涙。
利重監督の世界は温度があるね。




いつでも里親募集中
東北地方太平洋沖地震の支援に際してご注意ください 1
Google Crisis Response