0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

date :2009年06月

「安楽園」で安楽な時間・其の10 「第二回 安楽園を守る会」

或る日の真昼間、夏のような暑さの中、
「第二回安楽園を守る会」を目指して生粋の
食いしん坊たちが愛すべき「安楽園」に集ったのでした。
第二回安楽園を守る会1

第二回安楽園を守る会2

カテゴリー:安楽園

テーマ:こんな店に行ってきました
ジャンル:グルメ

「安楽園」のニンジンさん今回も無事に捕獲(笑)

安楽園という不思議な縁で結ばれた
B級グルメ界の師匠、Kimcafeアニキ
(勝手にアニキ呼ばわりスミマセン・笑)が率いる、
第2回「安楽園を守る会」が無事に終了しました♪
ほんとに、ありがとうございました!
詳細は、また後日ゆっくりメモるとして・・・
とりあえず、今回もニンジンさんが
一緒に帰宅してくれました(笑)

ニンジンさん
ニヤリと笑う口元がステキ

ニンジンさんの横顔
横顔もどこか哀愁がります(笑)

ニンジンさんの後ろ姿
後ろ姿も色っぽいです。

さて、彼女の運命は・・・

第3回守る会もあるのでせうか・・
いつか、離れで、ぜひ!
ジョニー・トー監督映画の林雪さんのように
連続登板を目指したいですが、はたして・・・(謎笑)

再見♪

追伸・・
「青い麦」の謎を誰か教えてほしい今日この頃・・(謎笑)


カテゴリー:安楽園

テーマ:こんな店に行ってきました
ジャンル:グルメ

スーパースターの残像(追記)

ある場所で遅いお昼ごはんを食べていた時
ラジオからマイケル・ジャクソンさんの声が流れていた。
美しい声。懐かしいな・・って、思いながら、
その音楽をラジオがかけた意味も知らずに
食べ終わり、店を出た。ちょっとの用事をすませ
家に帰り珍しくテレビをつけてみた。
ニュースで流れていたマイケルさんの訃報
イマイチ、ピンとこない。

ふと、初めて買ったLPのことを思い出す。
あの時は、ミーハーで
「今夜はドンド・ストップ」が好きで
「オフ・ザ・ウォール」を買った。
笑顔がキュートでダンスが上手くて
美しい声の青年。大好きだった。

その後、プロモーションビデオが
ただの歌紹介でしかなかった時、
あの頃TVKにあったミュージックトマトとか
小林克也さんのベストヒットUSAで
すごいプロモーションビデオがあると紹介される。
確か、ベストヒットUSAで「スリラー」の
ノーカットを放送することになり
録画などまだ一般的じゃなかったし
(もしかしたらアタシだけ
 出来なかったのかもだけれど・笑)
おまけに、テレビのないアタシは
近所の知人の家で観せてもらった。
膝を抱え、目の前で観た「スリラー」
なんて映画的なのだろうと思い
大袈裟にいえば魔法にかかったように
それまで観たことがない独特のダンスに、
面白い曲に、感動して気がつくと涙を流していた。
ちょっとアステア風味でもあると思ったら
後に何かのインタビューでアステアのファンだと
彼が言っていたのが嬉しかった。

生のステージを観たことは一度もない。
それでも新しい歌が出ると嬉しかった。
何より声が美しかったから。

彼の真似をする人は山ほどいても
彼を超える人はひとりもいなかった。
あんな風に歌がうまくて踊りが
個性的で基礎もちゃんとある人、いない。
きっと、死ぬほど練習したのだろう。
あれだけのことが出来るということは
人の何倍も、そのことに自分を捧げたのだと
想像するのはとても簡単なのに
彼があまりにもスっとやってしまうから
人は忘れてしまう。天才だけで、
あそこまで出来ないって知っているのに。
言いかえれば、努力する天才だったんだと思うから。

すっと消えてしまった。
もう、揶揄されることもない場所で
ゆっくり休んでほしいと思いながら
やっぱり・・、ピンとこない。

人の倍生きてしまった人。
きれいな声と個性的なダンス。
生身の人間のはずなのに
宇宙から辿り着いたような人。
リアルタイムでスーパースターだった。
残像だけが、ゆらゆらゆれている。

カテゴリー:Rock and Soul MJ

テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記

買い喰い大会。鰻の蒲焼、幻のアンドーナツ、コッペパン、クロワッサン etc・・

お店で食べるのも楽しいけんど
買ってきてうちで食べるのも楽しい。


買ってきたお店:江戸っ子商店
最寄の駅:桜木町
食べたもの:うなぎの蒲焼(700円)
銭予算:700円~(肝焼は150円)

江戸っ子商店 うなぎの蒲焼

久しぶりに野毛の「江戸っ子商店」さんで
鰻を買ってきました。持ち帰り専門店なのですが
いつも頼んでから、サッとやいてくれるので
歩道のイスでのんびり待ちます。
家に帰って炊飯器の中にあるご飯の上に
串を抜いてポンっとのっけて温めなおしていただきました。
700円の鰻。美味しいよ~
なので、ちょっと崩れちゃったけれど(ごめんなさい・笑)
相変わらず美味しいな。タレがたっぷりで
甘めなんだけれど、でもサラってしていて、
このタレだけで、ご飯何杯もいけちゃう!




売っていた場所:日ノ出町ドンキホーテ
食べたもの:まぼろしのアンドーナツ
値段:138円

まぼろしのアンドーナツとして
日ノ出町のドンキで売っていたらしい。
幻のアンドーナツ

どれどれと一口いただいてみる。
モモさんも気になるご様子(笑)
別名、油パンというだけあって油揚げアンパンみたい。
冷たい瓶牛乳と食べたくなる味。
なにより、おっきいのんが嬉しい(笑)

幻のアンドーナツ食べ終わり

通販でも購入できるみたいです。→「
山口製菓店 アンドーナツ
でも、ドンキの方が1円お得?




買ってきたお店:
キムラヤベーカリー
最寄の駅:桜木町
食べたもの:コッペパン、シナモンロール、食パンetc・・
銭予算:126円~(コッペパンの値段)

キムラヤベーカリー

キムラヤベーカリーのパンたち1

キムラヤベーカリーのパンたち2

ここのパンたちは、全部美味しいです。
何を食べてもはずれないのです。
そういうパン屋さんって、なかなかないから嬉しい。
懐かしのコッペパンは、そのままでも
ほんのり小麦の甘さがあって美味しい。
頼むと、ジャムやチョコ、あんこ、
マーガリン(バターだったかも?)など好みのものを
ぬってくれます。二段ぬりもしてくれます。
この日はチョコとあんこ。美味しかった。




買ってきた場所:横浜マンダリンホテル前の露店
最寄の駅:日ノ出町(京急)、桜木町(JRなど)
食べたもの:一袋300円のお試しセット

横浜の中央図書館近くのマンダリンホテル。
下には動物病院もあるので
気になってはいたけれど、
なんとなく入りにくい・・・
でも、先月の5月の最初の日
ホテル前を通り過ぎようとしたら・・・

ホテル前の露店

試食用のパンを一切れいただいてみたら
ケシの実がきいていて香ばしくて案外美味しい。
餡子のクロワッサンみたい。
それで、試食とは違うものが入ったパンを。

ベーカリーエタールのパン
うん、なかなか美味しいかも。
でも、なぜかこの日以来買ってない・・(笑)
深い意味はなくて、単純に、
なんだか、ちょっと、ついつい。
でも、この日記をメモったついでに
思いだしたので、買いにいこうかな。
横浜マンダリンホテルの「
ベーカリーエタール」さんです。

でも、忘れちゃいそう・・なぜだ(汗)




買ってきたお店:
はらドーナツ
最寄の駅:石川町
食べたもの:カカオチョコ、ホワイトチョコ

そういえば4月の或る日から行ってない「はらドーナツ」
はらドーナツ

その時買ってきて食べたのは、
日替わりのカカオチョコみたいのとホワイトチョコ
カカオチョコとホワイトチョコ
美味しかったなぁ。やっぱチョコとか、砂糖とか
コーティングされているのんが好き。
また行こうと思いつつ、いつも並んでいるので
ついつい諦めてしまう。ひさびさに食べたいな。


カテゴリー:飲喰雑記

テーマ:こんな店に行ってきました
ジャンル:グルメ

今年出逢った紫陽花たち

今年出逢った紫陽花1


カテゴリー:日々の想いや出来事+空への手紙

テーマ:写真日記
ジャンル:日記

Author.ガオ
cmaukie home
 【好き】
 映画 演劇 SYCYCD 
 サッカー 音楽 写真 散歩 本
 バニラアイス シュウマイ
 レモンケーキ 春巻 豆大福
 五目焼きそば タマゴサンド
 熱燗 電気ブラン ジンジャエール
 夕陽 冬の海 路地 ガリガリくん
 ニャンコの寝息 ワンコの笑顔
 鳥が斜めに飛ぶ姿
 カトルカールが焼きあがる香り

★飲喰雑記2012.4.9まではコチラ

 

私立探偵 濱マイクシリーズ BOX
映画三部作。
1作目「我が人生最悪の時」
モノクロ。哀しき友情。
日活映画の香り。
この玩具は閉まっておきなよって
ヤンのお腹をポンと叩くマイクの手が
人柄を表していて好きだなぁ。

2作目「遥かな時代の階段を」
ちょっと「エデンの東」のような
マイクの世界。

3作目「罠」
マイクとミッキー。
明と暗。太陽と月。これまた哀し。
不器用なマイクが恋する姿も良し。

「私立探偵 濱マイク」テレビドラマ版
テレビドラマ版濱マイク。
全話フィルム撮りで全話違う監督だから
キャラは一貫しているものの
各回の個性が強くある。
ドラマというより短編映画のよう。
毎回流れるオープニングの
「くちばしにチェリー」
(EGO-WRAPPIN')や、
YOUさんの予告などかつての
日テレドラマの傷天や探偵物語などを
彷彿させ毎週楽しみでした。

第1話「31→1の寓話」
緒方明監督作。
ちょっとマイクの服が
気合い入りすぎていて違和感(笑)
なかなか凝った話で面白い。
マニュアル通りに生きる哀しさ。
戦っている香川さん切ない。 野毛に
金ちゃんのお墓探しに行こう(謎笑)

第2話「歌姫」
前田良輔監督作。
横浜下町色全開で
このドラマの回のロケ嬉し。
磯村屋とかに焼きソバ
食べに行っちゃったもん(笑)
あの狭い路地も探しちゃった。

第3話「どこまでも遠くへ」
萩生田宏治監督作。
自分が生きている意味。
「ちゃんともっているよ」と
ハートをポンっとたたくマイクが優しい。
あきらかにメリーさんだよねという役柄で
岸田今日子さんが黄金町駅近の橋で
登場してくれるのが嬉しかった。

第4話「サクラサクヒ」
行定勲監督作。
この回が一番映画の濱マイクを
彷彿させる。話の軸になるのは
丈治とメイホアなんだけど
坂道の階段みたいなとこで
寝ころんで待っているマイクとか
横浜港の税関で情報を聞くとことか
二人組の刑事とのやりとりとか
あぁ、これがマイクだ~って感じです。
行定監督は映画版の時に助監督でした。
マイクとは縁が深いです。

第5話「花」
須永秀明監督作。
偽物マイクが出てきたり大阪に行ったり
マイクが黄金劇場でバイトしたり(笑)
ゴタゴタしている中でリストラ問題
独りぼっちの子供・・(泣)
子供の時の思い出がないから
子供にどう接していいのか
わからないというマイクに共感。
そういえば星野君・・・・いた?(謎)

第6話「名前のない森」
青山真治監督作。
ちょっと異色なマイクの世界感
いい意味でぶっ壊してくれていて
斬新で面白い。そうして、
「濱マイク」が「濱マイク」で
いたくなくなるというのは、実は
映画版の頃から伏線として
静かにあると思います。

第7話「私生活」
岩松了監督作。
岩松さんって器用な方なんだなぁ。
役者さんとしても劇作家としても
監督としてもなんでもこなしてしまう。
この回は野毛のパチンコ交換所で
マイクに情報をくれる謎の女サキが中心。
でも相変わらず謎の女です(笑)
赤いワンピースが華やかな
「誰も得はしないわ」というラストが好き。

第8話「時よとまれ、君は美しい」
石井聰亙監督作。
古風だけれど名作。
石井ワールドのロックな世界観。
自白剤の伏線。
意識が朦朧としている中での
声にならないくらいの
マイクの告白。 美しくて
哀しいラストに思わず涙・・。

第9話
「ミスター・ニッポン21世紀の男」
中島哲也監督作。
ぶっ飛んでます。アホです(笑)
中島ワールド全開です。
マイクとタダシの友情にもホロリ。
鑑別所で「立てよ、タダシ」と
言った時のマイクと同じように
都橋商店街でのラストでも
「立てよ、タダシ」といったマイク。
どんなに時が流れていても
ハートは一筋。 どこまでも
友達を見捨てないのだ。

第10話「1分間700円」
竹内スグル監督作。
クールです。この回のマイクは
ファッションのせいかな、どこか
『トゥルーロマンス』の時の
スレーター演じるクラレンスみたいで
やんちゃでカッコイイ雰囲気なのよねぇ。
しかし、ほんとに殺し屋の浅野さんが
ハマりすぎです。赦される意味を迷い
命を粗末にする独りの人間を
なんとかしてすくいたいと思う
命が消えそうな人間とのやりとりは
切ない感じです。ラストもクール。

第11話「女と男、男と女」
アレックス・コックス監督作。
マカロニウエスタンですよ、横浜で(笑)
おまけにミルクのエピソードまで。
色々盛り沢山なのに最後には
カラスでまとめちゃう
アレックス・コックス監督ステキです。
ってか、もう航海していない船で
どこへ行く?田口トモロヲさん(笑)

第12話 「ビターズエンド」
利重剛監督作。
最終回らしい最終回。
レギュラーメンバーが全員で
横浜鑑別所の歌を合唱する場面が
なんだか、すごく好きだった。
Bを演じたSIONさんは最高だった。
マイクを演じた永瀬さんの
どんな時も本気の思いが
ドカンと伝わってくる
迫真の演技に胸打たれる。
ラストに流れる「通報されても」
マイクのモノローグ。涙、涙。
利重監督の世界は温度があるね。




いつでも里親募集中
東北地方太平洋沖地震の支援に際してご注意ください 1
Google Crisis Response