monolog

いつかは消えてしまうかもしれない想い、場所、出来事の記録の日々
MENU

一度かけたレモンは元には戻らない 「カルテット」



ドラマ、「カルテット」の1話を観ていたら、
から揚げ食べたくなって思わず作って食べてしまった。
はい、もちろん、レモンはたくさん用意しました・・(謎笑)

「リスクの神様」 「神の贈り物 - 14日」 「24-TWENTY FOUR-リブ・アナザー・デイ」



なんと、久しぶりにドラマを同じ時期に三作品も観ております。
何年ぶりでせうかってくらいですね、こんなん。
というかテレビドラマを観ることも少なくなってしまったので
たまに観てもCSで海外のものとか地上波でもひとつの作品だけを
まったりノンビリ録画して観るという体質だったのに
同じ時に三作品にハマってしまった。忙しい(笑)けど楽しい。

まずは 「リスクの神様」(毎週水曜・夜10時 フジテレビ)
これね、めっちゃ面白いです。まさにこういうドラマが観たかった!
というのがてんこ盛りでありました。テーマは企業のリスク管理という感じで
社会派で硬派なのだけれど、ちょっとした伏線とか映像で語るところとか
それぞれのキャラのユニークさとかシリアスなガチガチになっていない
ドラマっぽいリズム感もありで、なにより演技がちゃんと出来る
本物の俳優さんたちでガッツリ作ってくれているので観ていて飽きないです。
それと今のアタシたちの生活とか身近でおきた事件のことなので
それを企業側から描いているので新鮮だったりです。
来週もカップ食品の異物混入事件のことなので早く観たい。
(このドラマの感想はコチラ

そして 「神の贈り物 - 14日」(放送日は→コチラCS衛星劇場 他) 
これは待ちに待った日本語字幕での放送なのですよ。
実は本放送の時の動画配信でチラリと観た時に外国語なので
セリフの意味がわからなかったのに、最終回に泣けちゃって。
なので大まかな展開は映像的には観たことありなのだけれど
こうして日本語字幕が付いて明確な意味を知りながら観ると更に面白いです。
とりあえずストーリーはコチラ で、紹介の中になかったけれど
ホン・サンス監督の映画の常連でお馴染みのキム・テウさんが
主人公の旦那役で登場してくれるんですけど、これが裏がある役。
タイムスリップものでもあり、死や記憶についての話でもあり
尚且つ、タイトルになっている「神の贈り物」とは・・というのがあります。
観ていると全員犯人に観えてきちゃうくらいクセものだらけです(笑)
しかしこれ、アメリカでリメイクされちゃうみたいなんですけど
何度も思うにキ・ドンチャン役はチョ・スンウさん以外思いつかないけどねぇ。
それにしてもアタシはこのドラマを観るだけのために衛星劇場を
契約したのだけれどチャンネル料高すぎですよ(泣笑)
他に観るものがあればいいのだけれど、よくわからなくて。
でも演劇とかも放送してくれるのでね、それはいいですね。
あとは松竹系の昔の映画シリーズも。今更ながら寅さんが結構面白い。
(このドラマの感想はコチラ

そして、そして・・
「24-TWENTY FOUR-リブ・アナザー・デイ」
(放送日は→コチラCS WOWOWチャンネル)
すでにディスクが発売されているのでレンタルなどで観ることは
出来るのかもだけれど、なぜか「24」だけはテレビ放送で観たくなるし
字幕派なのにジャックの声は小山さんで聞きたいガオです(笑)
なんでだろう、キーファーの生声も、もちろん素敵だけれど
ジャックの時は小山さんじゃないと楽しめないのよ。
脳内でジャックが再生される時も小山さんの声だもん(笑)
で、この「24 リブ・アナザー・デイ」はファイナルシーズンのその後で
24時間じゃなくて12時間という・・ん?って感じですが(笑)
なんと、あの懐かしのオードリーとその父ちゃんのジェームズ・ヘラーが登場。
しかもヘラーは国務長官から大統領になっていてロンドンが舞台ということで、
相変わらずCTUCIAには裏切り者が入りこんで情報がもれまくりだし(笑)
ジャックは特別に動くし(笑)もう、またかよって感じなのについつい観てしまう。
実はアタシは毎週土曜日に4話ずつ放送されていたのを録画して観ては
それを消してを繰り返していて、すでに昨日で最終回まで録画(予約)してあるのだけれど
全部追いきれてなくて、ちょうど12話の半分6話の16:00の回、
ジャックに同行したCTUCIAのケイトが大変な目にあい(ジャックひどい・笑)
テロリストの娘のあの子があんなことになり・・ってとこまで観ました。
どうでもいいのですが、クロエのドラゴンタトゥーの女を意識したメイクは
ちょっとアレだよ、なんか「キャッツ」とかになっている・・(汗)
しかし、こんだけジャックとかかわっているのにまだ命があるクロエがスゴイし
なんだかんだとジャックとの絆というか仲間というかいいのね、あの感じ。
ファイナルシーズンのラストのジャックとクロエの場面とかも泣けたもん。
マンネリ化的でつっこみどこあるんだけれど、なんだかんだと観入ってしまうし
やはり、展開が巧いです。突入の場面とか、銃撃のところとかも巧いです。
そういえば、アタシの惚れたトニー・アルメイダは今頃どうしているのでせうか。
確かにS7で反逆罪で死刑だよという感じで終わっていたものの
実際にそうなる場面なかったので、忘れた頃に登場しないものかと
今でも淡い期待をしておりますが、無理ですか、そうですね・・(苦笑)

馬医 (追記)

©馬医


先日無事に最後の50話まで楽しく完走した「馬医」を振り返りたいのですが
50話全部を振り返るにはあまりにも長いので(笑)
ド兄さんの「精武門」の時みたいに心に残ったキャラをメモ。
ちなみに「馬医」と同時期にハマって観はじめた「孔子」は
早々と挫折しました(苦笑)「孔子」は映像は綺麗なんだけれど
ドラマとしての見せ場があまりにもなくて退屈なんですよねぇ。。
その点「馬医」は馬医から御医になった実在した朝鮮初の
漢方外科医ペク・クァンヒョンの物語ではあるのですが
ドラマチックに脚色して演出して観せてくれたので夢中になりました。
そんな「馬医」心に残った登場人物を振り返ります。
ちなみにお借りして観たDVDはCSの衛星劇場版の字幕です。
演者の方たちの声も演技のひとつだと思うので、うれしかったです(ありがとうです)
(でも「24」のジャックは吹き替えが好きという不思議・笑)


ペク・クァンヒョン・白光炫(チョ・スンウ)(少年時代・アン・ドギュ)
光炫(クァンヒョン)。輝く光(クァン)まばゆい炫(ヒョン)
その名はクァンヒョンの亡き実の父、カン・ドジュンが
世の中を照らす希望の光になってほしいという思いをこめた名前。
そして、白(ペク)は彼を育ててくれたペク・ソックの名です。
まさにその名前のように輝く希望の光そのものだったペク・クァンヒョン。
ドラマの中ではクァンヒョン、ペク馬医、ペク医生などなど
色んな呼ばれかたをしていたけれど、アタシはガヨンよろしく
ペクひょん(ペク兄ぃ)と呼ばせてもらっちゃうです。

ドラマ感想ひとことメモ「私立探偵ヴァルグ」「刑事ジョー」「ロング・グットバイ」「孔子」「馬医」

「私立探偵ヴァルグ」にハマってから他のドラマも気になってきて
ドラマの感想メモしようと思いカテゴリまで作ったのに、
バタバタしておって、なかなかネットが出来ずにメモがおいつかない(苦笑)
でも、とりあえず最終まで観続けたもの、今、楽しみに観続けているものを簡単に。

<<最終まで楽しく観たもの>>

ノルウェーのドラマ「私立探偵ヴァルグ」シリーズ1~4
シリーズ4までの放送で1シリーズが2話構成で1話ずつが2時間弱あるドラマ。
なので全部で8回だけれど見応えが充分ありなのでした。
作品全体を包む映画的な世界観と晴れ間のないノルウェーのアンニュイな映像や
良くも悪くもヴァルグの完璧じゃない人間的なキャラが面白かった。
全部面白かったのだけれど、シリーズ4では少し短髪になっていて
おじさんっぽさ増していました(笑)あと、シリーズ中にレギュラーになるのかなと思っていた
アンナが気の毒なことになっちゃって、あの場面はショックだったなあ。
その前のヴァルグとのやりとりが微笑ましい感じだったので可哀想だった。
その他ハムレ警部なども、あっと思う場面ありで、好きになりかけていた登場人物が
途中で危ない目にあってドキっとさせるのは「24」的でもありつつも
落ち着いた暗さがあるので驚くというよりじっくり見つめてしまいます。
シリーズ5も今年中に放送されるみたい(たぶん)なので、楽しみにしています。

ジャン・レノ主演「刑事ジョー パリ犯罪捜査班」
これはフランスのドラマなのにセリフが英語だったりして
違和感があるものの、なかなか良く出来ているドラマなので
すぐにリメイクとかしちゃうアメリカを封じ込めるために
ワザと英語セリフにしたのかも?(笑)って勘ぐっちゃうくらい
舞台はフランスなのに英語で会話しまくりのドラマ。
全部で8回。すべてパリの名所で事件がおき、
そこでのロケが素晴らしいので観光映像としても楽しいです。
#1 ノートルダムの審判、#2 ピガールの踊り子、#3 コンコルドの醜聞、
#4 アンヴァリッドの罠、#5 ヴァンドームの誘惑、#6 マレの悔恨、
#7 オペラ座の裏切り、#8 カタコンブの怪 と、ひとつずつ丁寧に作ってあって
特に第6話の「マレの悔恨」はホロコーストがらみの話で消えない悲劇というか
犯人に対しても考えさせられるものがありました。
そして、お気に入りだったヤニックが・・ね(涙)
このドラマはジャン・レノさん演じるジョーの娘との話も同時進行していて、
その娘の愛しい人がヤニックなのですが、アタシも愛しかったのよ(笑)
それにしても「カタコンブの怪」で最終回が途中退場的な終わり方がモヤっております。
なんだろう、製作費足りなくなったのかな?本当はもっと作るはずだった?
けれども、映像と内容はとても見応えがあって、面白かった。
とにかく、いつも出てくるジョーと階段で逢うワンコが好きでした。
そして、キャラ的にはヤニックが気にいっていました(笑)

NHK土曜ドラマ「ロング・グットバイ」
有名すぎるレイモンド・チャンドラーの「ロング・グットバイ(長いお別れ)」を
昭和三十年代の日本を舞台にしたもので浅野さんが日本版の
フィリップ・マーロウなのですが、素敵だった。
スーツがとても似合う。日本人ってどんなにカッコイイ人でも、
スーツだけは似合わない人が多いのだけれど
浅野さん、すごく似合うなあ。肩幅や胸の厚みや、何よりも
雰囲気そのものがとてもいい。ちゃんと人間クサイところもあるので
それだけで増沢磐二という人物の説得力があるもの。
映像もこだわりがあって、全体的に銀残し的な渋さがあって
すべての場面にイメージの信念がある感じなので
こういう風に丁寧に作ってくれたものは見応えありです。
第2回のタイトルが「女が階段を上がる時」なんて、
そのまんま成瀬監督の映画『女が階段を上がる時』なので
他のも映画になぞられているタイトルなんでせうかね。
3回の「妹の愛人」はジョニデの『妹の恋人』かしら。違うかな。
個人的にときめいたのはアクション監督が下村勇二さんだったこと。
下村さんや谷垣さんの名前をみると反射的に嬉しくなる
ド兄さん族についていきたくなるガオなのです(謎笑)
アクションといっても、アクション場面だけが目立つ感じではなくて
ドラマの世界観に染まっているので、なんというかある意味
良い意味でアクションに気がつかなかったくらいです。
なんだか、ギムレットが飲みたくなるし、ゆっくり淹れたコーヒーが飲みたくなるなあ。
ちょっとホロ苦いラストもハマってますね。「さようなら」「お元気で」
また観たいです。シリーズ化してほしいです。

<<今、楽しく観続けているもの>>

中国歴史ドラマ 「孔子」
PTA特集も終わったのでWOWOWチャンネルからいつもの映画チャンネルに
戻そうかと思っていたのだけれど、うっかり「孔子」を観てしまったら
もう、これまた映像がすごくて見応えありで、結局チャンネルはそのまま(笑)
毎週楽しみであります。木曜日が字幕で土曜日が吹き替えみたい。
正直、たった2回で逝ってしまった孔叔梁(孔子の父)役のワン・シュエチーさんが
登場終了だったので、さみしかったのですが、その後に登場する季札なども
なかなか面白いし、大河ドラマとしてもスケール感ありです。
4話のラストで仲良かった孔子と陽虎と少生卯が離れていくんだなという感じがあって
アタシも孔子と一緒に泣きそうになりました。5話では大人になっているんですけれど
陽虎はずるいし少生卯が闇が深すぎて行く末が心配。
それにしても、やっぱりスン・チュンさん演じる季札のキャラはいいですよねぇ。
ほんのり『HERO』での残剣っぽさもあるので、いつかトニーさんにも演じてほしいキャラ。
全38話で、今は5話を観終わったところ。まだまだ楽しみです。

メディカル史劇 「馬医」
実は昨年CSで放送があった時に内容を読んで
ちょこっと気になっていたドラマでしたが視聴料がその時払えず諦め、
ただ今放送中のNHKではBSの方のNHKなのでBSアンテナがない
建物に住んでいるアタシは当然観ることが出来ず諦め
DVDのレンタルもウチの近所には置いておらずなので
諦めの三連発だったのですが・・・そんな矢先に録画したのを
お借りすることが出来て(ありがとうです!)
今、ハマりにハマって観まくっています(かなりハマりました・笑)
ちょうど、後半を折り返しクァンヒョンがぺク兄ぃになっているとこまで来ました(謎笑)
BSのNHKではあと何話かで最終回というところまできているみたいなので
もうすぐ追いつきそう。でも、もう一度観直したいくらい面白いので
地上波でも再放送してくれたらいいなと思いますね。
最初の方の馬の撮影とかはどうやって撮影しているんだろうってくらいで
あれだけの馬たちを管理して撮影するスケールがあるってスゴイと思ったし
波乱のペク・クァンヒョンの人生を手に汗にぎり思わず応援したくなる。
後半の外科手術のところでは「JIN 仁」を彷彿させるものがあり見応えあります。
このドラマは登場人物たちすべてのキャラに特徴があるので
お気に入りのキャラを見つけることも出来るし、
お決まりのことに愛すべきつっこみもいれられるし毎回飽きない。
でもやはり主役のぺク兄ぃの魅力がこのドラマの心臓ですよね。
しかし、チョ・スンウさんは何演じても心に残るなあ。彼は天才。若き名優。
とはいえ彼の演技は『ラブストーリー』『マラソン』『タチャ』『下流人生』ぐらいしか
観てなかったけれど(追記:思い出した『春香伝』と『gogo70』も観ていた!どちらも好き)、
どれも全部心に残る演技で映画俳優という銀幕な存在感の強いアクターだったから、
そういう俳優さんをテレビドラマで観るってそれだけでも贅沢なことかもしれませんね。

テレビドラマは結局、ハマるのは初回で決まるなと思ったでした。
実は他にもひとつ楽しみに観はじめようと思ったのがあったけれど
初回の途中で観るの止めちゃった。あと、単純に時間ない。
それにしても、たくさんドラマ観ている人って、すごいって思う。
どうやって時間つくるのだ。アタシは映画も観に行きたいし、時間たりない(笑)
けれど、面白いドラマに出逢っちゃうと睡眠時間もおしくなるね(笑)
今のところ、「孔子」と「馬医」に夢中であります。

私立探偵ヴァルグ

CS(スカパー)経由でもWOWOWを観ることができるので
来月のPTA特集、ある意味PSH追悼特集に備えて
早めに今までの映画セットを一旦解除してWOWOWチャンネルに切り替えて
今月は無料で楽しんでいます。上演時に行けなかった演劇や
映画もステージもスポーツも色々放送してくれるのでうれしい。
中でも海外ドラマがなかなか面白いものが揃っているかも。
特に初回のものから再放送してくれている「私立探偵ヴァルグ」と
ジャン・レノさんの「刑事ジョー」を録画して観てみたら
両方ともなかなか面白いんですよ。

「私立探偵ヴァルグ」はノルウェーのドラマで、
なんだろう、一作に2話というのか、一話に2つの作品というのか
ひとつの回に2つの話が90分ずつあるという映画サイズ。
確かに映像もとっても凝っていて映画的で見応えあります。

©wowow 私立探偵ヴァルグ

ノルウェーの天気がいつも雨模様な感じで灰色の空とかが
とてもアンニュイで石畳や坂道や森なんかの雰囲気や
話も暗くてアタシ好み(笑)主役のヴァルグ役の方が
ジェフ・ブリッジスさんとゲイリー・オールドマンさんを足して
ベッカムをほんのり注入みたいな風貌で(どんなだ・笑)
動いた時に魅力の出るなかなかな男前の方です。
キャラ的には強気なくせにケンカに弱くて(すぐにやられる・笑)
あんまり考えなしに行動しちゃうけれどハートの隅っこに情がある人なので
なんだか助けたくなるという濱マイクみたいな感じ。
なんだかんだとヴァルグを気にしているハムレ警部とのやりとりも楽しい。
このハムレ警部役のビョルン・フローバルグさんをどこかで
観たことあるなあと思いながら観ていたら映画の
『ホルテンさんのはじめての冒険』でホルテンさんの友だち役の方でした。

以下、ネタばれありの簡単なひとこと感想メモ。

このカテゴリーに該当する記事はありません。