0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

category :くいしんぼうシネマ

2016年、心に残った映画たち

いつものように過ぎ去った年を思い、
昨年、映画館で観た映画の中で
心に残ったベストイレブン。順位はありません。
★の数とも関係ありません。

カテゴリー:くいしんぼうシネマ

第26回 TAMA CINEMA FORUM 『十年 TEN YEARS』 トーク覚書



先日、TAMA映画祭で観てきた『十年』は日本で上映してくれるのは二回目。
最初に上映してくれた大阪アジアン映画祭には遠すぎて行けなかったのだけれど
行ける場所で開催してくれていたTAMA映画祭で上映してくれると知り
今回はもう、とにかくこの映画を観たいという思いだけで観てきました。
感想はまた改めてメモるとして、上映後のトークにジャーナリストの
福島香織さんが登壇してくれました。で、いつものように走書きの
自分ですら読めないミミズのような乱れ汚い字(苦笑)が読めるうちに
自分用の覚書としてメモ。聞き間違え、書き間違え多数あり。

カテゴリー:くいしんぼうシネマ

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』を観てキューバサンド作って食べてみた

先月の終わりごろだったかCSで食系の映画特集やっていて
ちょっと気になっていた『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』という映画を
録画しておいて観ていたらば「エンピンガーオ!(絶品)」
という響きにみょーに親しみを感じてしまい(ガーオ→ガオ・・苦笑)、

©シェフ 三ツ星フードトラック始めました


そんなエンピンガーオなキューバサンドってやつを今更ですが
どうしても食べたくなりコチラに掲載してくれているレシピを参考に
作って食べてみました。モホローストポークはウチにはオーブンがないので
フライパンで表面に焼き色をつけてホイルに包んでから
そのまま炊飯器に入れて保温にして1時間ぐらい様子をみたらば
そしたら、めっちゃ柔らかいローストポークの出来上がりです。

本当にこのローストポークはとても柔らかくて
アタシが不器用なのもあるけれどなかなか薄く切れなくて、
ハムもちゃんとしたのじゃなくて鶏のムネ肉が安かったので
いつものように鶏ハムを作ってしまったけれど
(鶏ハム:鶏のムネ肉の皮をとって切れ目をいれて薄く広げて
 はちみつと塩、または塩麹などをつけて一晩冷蔵庫において
 気になるようだったらキッチンペーパーなどで少し拭いてから巻いて
 サランラップで包みキャンディのように両端を輪ゴムなどで閉じて
 湯をはった鍋に入れて沸騰させて火を止めフタをきっちりしてそのまま冷ましたもの)



出来たよ、食べたよなんちゃってキューバサンド!
フライ返しが曲がるくらいフライ返しでつぶしながら焼いたので
イマイチな姿になってしまい全然美味しそうに出来なかったけれど(笑)
でも、なかなか美味しいんだよ、こう観えても(必死)


他にも劇中に出てきたダブルチーズのサンドも食べてみたい。
ペニエも食べたい、出てくるものすべて美味しそうだった。
肝心の話も面白かった。ダスティン・ホフマンさんとか
スカーレット・ヨハンソンさんのような主役級の役者たちが
彼らじゃなくてもいいような役回りの脇にまわっていながらも
監督、脚本、制作、主演までつとめているカール役の
ジョン・ファヴローさんがすごくいいんですよ。
後半、息子とジョン・レグイザモさん(相変わらず素敵、好き!)演じる
マーティンと一緒にトラックに色々運ぶのを手伝ってくれた人たちに
キューバサンドをご馳走してあげる場面で
息子のパーシーがパンを焦がしてしまうんですよね。
で、カールがそれは出しちゃダメだよってなるとパーシーが
「どうせタダ(無料であげる)だからいいじゃん」って言うんです。
その言葉を聞いてカールは「パパは何も出来ないけれど
料理は大好きで、そしてそれをお客さん(皆が)美味しく食べてくれたら
すごくハッピーなんだよ」みたいなことを言うんです。
で、もう一度「それ(焦げたもの)を出すの?」って聞くと
パーシーは首をふって出しません。
何気ない場面なんだけれどとても素敵な場面。
こういう心根のある人が作ってくれたものは絶対美味しいはず。
カールたちが作ってくれたキューバサンド毎日でも食べたい。
食レポをやっているブロガーとのバトルも面白かった・・というか
ブログって売れるの?日本とは環境が違うというか
ブログってこんな風に素人が勝手に個人日記のように
やっているものだと思っていたのでそういう違いも楽しかった。

とにかく美味しそうな食べものばかりでヨダレもの。美味しい映画でした。
というかエンドロールに登場してきたキューバサンドの職人?(笑)
きっと監修をしてくれた方なんだろうねファヴローさんに教えているんだけれど
面白いです、彼が何もかもをもっていった感じ(爆)

©シェフ 三ツ星フードトラック始めました


世界に存在するのはサンドだけらしい(笑)

©シェフ 三ツ星フードトラック始めました


そして、ひっくり返したり切ることに失敗したら
世界が終わってしまうらしい(笑)

©シェフ 三ツ星フードトラック始めました


サンド命。生涯サンド。世界はサンド(笑)

カテゴリー:くいしんぼうシネマ

さよなら、シネマライズ




カテゴリー:くいしんぼうシネマ

2015年、心に残った映画たち

いつものように年が明けまくってから
過ぎ去った年を思い昨年の2015年に映画館で
自分が観に行くことが出来た場所で
新作として公開されていたものの中でのベストイレブン。
順位はありません。☆の数とも関係ありません。


カテゴリー:くいしんぼうシネマ

TOKYO FILMeX 2015 『華麗上班族』 感想とQ&A覚書



東京フィルメックスでジョニー・トー監督の『華麗上班族』を観てきました。
Q&Aもあり、シルヴィア・チャンさんが登壇してくれました。
映画の感想はCinemaの映画館で観た映画に更新しました。
そして、いつものようにQ&Aの走り書きを字が読めるうちに
(あまりにもひどい乱れ字なので自分で自分の字を読むのが難しい・笑)
自分用としての覚書としてメモ。

カテゴリー:くいしんぼうシネマ

TIFF 2015 『クライマーズ・ハイ』原田眞人監督、堤真一さん Q&A覚書



原田監督の映画が好きです。その中でも『クライマーズ・ハイ』は特に好きなので
先日の『破風』のチケットを買う時に一緒に買い、クラハイに再会しに行きました。
上映の後は原田監督と堤さんのQ&Aがありました。この映画について
「生々しい思いをまだ抱き続けている」 と、語ってくれた原田監督。
そして、そんな原田監督の映画に4本出演し、初めて出逢った時から
お互いにすごく気が合ったという、俳優・堤真一さん。
Japan Now 原田監督特集を企画なさったプログラミング・アドバイザーの
安藤紘平さんの司会進行で始まったQ&Aを記憶が薄れないうちに・・
というか、もうすでに曖昧で順序などバラバラな気もしつつ(苦笑)
せめて、覚えているものだけでも、自分用にメモ(思い出したら追加していきながら)

カテゴリー:くいしんぼうシネマ

TIFF 2015 『破風』ダンテ・ラム監督Q&A覚書 



正直、東京国際映画祭のありかたについては色々文句があれど
今年の3月に映画館で観たダンテ・ラム監督の2年前の映画
『激戦』にえらく感動してしまったのもあり、『破風』も観たいと思い
しかし、もしも公開してくれるとしても、いつになるのかわからないので
思いきって映画祭に行ってきました。映画の感想はまた後でメモるとして
来日して登壇してくれたダンテ・ラム監督のQ&Aを自分用に覚書。

カテゴリー:くいしんぼうシネマ

シネマライズ



確か3年前くらいに『ザ・レイド』を観に行ったきり全然
行けなくなっていたけれどシネマライズが閉館してしまうと知り
やっぱりショックだったりする。それと同時に最近は
どことなく自分自身が映画への気持ちが薄くなってきていたのも事実で
それこそシネマライズに『アメリ』の行列に並んで映画を観たり
あそこの二階席で立ち見をした時のような映画への情熱が
今はすりぬけてしまっているような気がしている。
単純に気力や体力の問題ではなくて、どうしても何が何でも
何を諦めても観たい!と思える映画がない。
それは渋谷じゃなくても近所の映画館でもそうで
歩いて行ける映画館にすら、あんまり行かなくなってしまったのだもの・・

それなのに、やっぱりシネマライズが消えてしまうのはとても寂しい。
ミラノ座が消えた時とはまた違う寂しさで、きっとシネマライズで
出逢った映画たちは自分の栄養になっていたのだと今更ながら気が付く。
美味しくない映画もあったけれど、映画の内容云々よりも
あそこで映画を観るのはやっぱり特別だったと思う。
映画館の姿だけでなく存在そのものがカッコよかった。ワクワクした場所だった。
壁にあった無数のサインたち。あれも壊されてしまうのでしょうか。

消えていく。大好きだった色んなものが。でも、仕方がないんだね。
映画が大好きだったし、シネマライズも好きだったアタシだって、
全然行かなくなったんだもん・・今更、寂しいとか言うの失礼だよね。
でも、それでも、やっぱり、さみしい。想い出がいっぱいあります。
ただ映画に出逢いに行くだけの場所じゃなかった。
あの姿、あの空間が好きでした。

カテゴリー:くいしんぼうシネマ

P.S. Hoffman (A Tribute)

2月になってしまった。過ぎてしまったけれど・・



途中で『パッチ・アダムス』の場面が出てくると
なんだかね、フィリップとロビンさんのツーショットは、つらい・・
さみしい・・

カテゴリー:くいしんぼうシネマ

Author.ガオ
cmaukie home
 【好き】
 映画 演劇 SYCYCD 
 サッカー 音楽 写真 散歩 本
 バニラアイス シュウマイ
 レモンケーキ 春巻 豆大福
 五目焼きそば タマゴサンド
 熱燗 電気ブラン ジンジャエール
 夕陽 冬の海 路地 ガリガリくん
 ニャンコの寝息 ワンコの笑顔
 鳥が斜めに飛ぶ姿
 カトルカールが焼きあがる香り

★飲喰雑記2012.4.9まではコチラ

 

私立探偵 濱マイクシリーズ BOX
映画三部作。
1作目「我が人生最悪の時」
モノクロ。哀しき友情。
日活映画の香り。
この玩具は閉まっておきなよって
ヤンのお腹をポンと叩くマイクの手が
人柄を表していて好きだなぁ。

2作目「遥かな時代の階段を」
ちょっと「エデンの東」のような
マイクの世界。

3作目「罠」
マイクとミッキー。
明と暗。太陽と月。これまた哀し。
不器用なマイクが恋する姿も良し。

「私立探偵 濱マイク」テレビドラマ版
テレビドラマ版濱マイク。
全話フィルム撮りで全話違う監督だから
キャラは一貫しているものの
各回の個性が強くある。
ドラマというより短編映画のよう。
毎回流れるオープニングの
「くちばしにチェリー」
(EGO-WRAPPIN')や、
YOUさんの予告などかつての
日テレドラマの傷天や探偵物語などを
彷彿させ毎週楽しみでした。

第1話「31→1の寓話」
緒方明監督作。
ちょっとマイクの服が
気合い入りすぎていて違和感(笑)
なかなか凝った話で面白い。
マニュアル通りに生きる哀しさ。
戦っている香川さん切ない。 野毛に
金ちゃんのお墓探しに行こう(謎笑)

第2話「歌姫」
前田良輔監督作。
横浜下町色全開で
このドラマの回のロケ嬉し。
磯村屋とかに焼きソバ
食べに行っちゃったもん(笑)
あの狭い路地も探しちゃった。

第3話「どこまでも遠くへ」
萩生田宏治監督作。
自分が生きている意味。
「ちゃんともっているよ」と
ハートをポンっとたたくマイクが優しい。
あきらかにメリーさんだよねという役柄で
岸田今日子さんが黄金町駅近の橋で
登場してくれるのが嬉しかった。

第4話「サクラサクヒ」
行定勲監督作。
この回が一番映画の濱マイクを
彷彿させる。話の軸になるのは
丈治とメイホアなんだけど
坂道の階段みたいなとこで
寝ころんで待っているマイクとか
横浜港の税関で情報を聞くとことか
二人組の刑事とのやりとりとか
あぁ、これがマイクだ~って感じです。
行定監督は映画版の時に助監督でした。
マイクとは縁が深いです。

第5話「花」
須永秀明監督作。
偽物マイクが出てきたり大阪に行ったり
マイクが黄金劇場でバイトしたり(笑)
ゴタゴタしている中でリストラ問題
独りぼっちの子供・・(泣)
子供の時の思い出がないから
子供にどう接していいのか
わからないというマイクに共感。
そういえば星野君・・・・いた?(謎)

第6話「名前のない森」
青山真治監督作。
ちょっと異色なマイクの世界感
いい意味でぶっ壊してくれていて
斬新で面白い。そうして、
「濱マイク」が「濱マイク」で
いたくなくなるというのは、実は
映画版の頃から伏線として
静かにあると思います。

第7話「私生活」
岩松了監督作。
岩松さんって器用な方なんだなぁ。
役者さんとしても劇作家としても
監督としてもなんでもこなしてしまう。
この回は野毛のパチンコ交換所で
マイクに情報をくれる謎の女サキが中心。
でも相変わらず謎の女です(笑)
赤いワンピースが華やかな
「誰も得はしないわ」というラストが好き。

第8話「時よとまれ、君は美しい」
石井聰亙監督作。
古風だけれど名作。
石井ワールドのロックな世界観。
自白剤の伏線。
意識が朦朧としている中での
声にならないくらいの
マイクの告白。 美しくて
哀しいラストに思わず涙・・。

第9話
「ミスター・ニッポン21世紀の男」
中島哲也監督作。
ぶっ飛んでます。アホです(笑)
中島ワールド全開です。
マイクとタダシの友情にもホロリ。
鑑別所で「立てよ、タダシ」と
言った時のマイクと同じように
都橋商店街でのラストでも
「立てよ、タダシ」といったマイク。
どんなに時が流れていても
ハートは一筋。 どこまでも
友達を見捨てないのだ。

第10話「1分間700円」
竹内スグル監督作。
クールです。この回のマイクは
ファッションのせいかな、どこか
『トゥルーロマンス』の時の
スレーター演じるクラレンスみたいで
やんちゃでカッコイイ雰囲気なのよねぇ。
しかし、ほんとに殺し屋の浅野さんが
ハマりすぎです。赦される意味を迷い
命を粗末にする独りの人間を
なんとかしてすくいたいと思う
命が消えそうな人間とのやりとりは
切ない感じです。ラストもクール。

第11話「女と男、男と女」
アレックス・コックス監督作。
マカロニウエスタンですよ、横浜で(笑)
おまけにミルクのエピソードまで。
色々盛り沢山なのに最後には
カラスでまとめちゃう
アレックス・コックス監督ステキです。
ってか、もう航海していない船で
どこへ行く?田口トモロヲさん(笑)

第12話 「ビターズエンド」
利重剛監督作。
最終回らしい最終回。
レギュラーメンバーが全員で
横浜鑑別所の歌を合唱する場面が
なんだか、すごく好きだった。
Bを演じたSIONさんは最高だった。
マイクを演じた永瀬さんの
どんな時も本気の思いが
ドカンと伝わってくる
迫真の演技に胸打たれる。
ラストに流れる「通報されても」
マイクのモノローグ。涙、涙。
利重監督の世界は温度があるね。




いつでも里親募集中
東北地方太平洋沖地震の支援に際してご注意ください 1
Google Crisis Response